learning

フランス料理のレストラン6種類『知らないと恥をかくかも?』

フランス料理のレストランには様々な種類があり、名前でそのお店の格式が分かるようになっています。
お店の格式によってはドレスコードがあったりするので、何も知らずにうっかり予約を取ってしまうと恥をかいてしまうかもしれません。場合によっては、入店拒否なんてこともあるかも・・・

そこで、今回は絶対に知っておきたいフランス料理店の種類を紹介していきます。
フランス料理店には6種類あり、『カフェ』、『ブラッスリー』、『ビストロ』、『レストラン』、『オーベルジュ』、『グランメゾン』に分けられます。
それでは、この6種類の特徴について説明していきたいと思います。

カフェ café

カフェはイメージ通りで間違いありません。
喫茶から軽い食事までを楽しめる店で、夜の時間帯にはアルコールを提供していることもあります。

ドレスコードも特になく、誰でも気軽に入れると考えて間違いないでしょう。子供の年齢制限もない場合がほとんどです。

ブラッスリ- Brasserie

もともと、フランスではビアホールという意味で、日本でいう居酒屋的な感じです。
簡単にいうと、フランス風のオシャレな料理居酒屋といった感じでしょうか。

ビールをはじめ様々なお酒類を取り揃えていることが多く、お酒に合った料理も用意されています。
ドレスコードも特になく誰でも気軽に入れます。子供の年齢制限もないと考えて大丈夫でしょう。

ビストロ bistro

ビストロもブラッスリ-と同じく居酒屋という意味ですが、ブラッスリ-に比べて小規模なお店のイメージです。
フランスでは、テーブル同士が近く家庭的でワイワイした感じのお店をビストロと言います。

料理に関しても、ブラッスリ-と同様でお酒に合わせた料理が用意されています。
ドレスコードも特になく気軽に入れるお店で、子供の年齢制限もない場合がほとんどです。

レストラン restaurant

現在、日本ではほとんどのお店をレストランとひとくくりにしてしまう傾向が多いですが、レストランはある程度高級なフランス料理店のことを指します。

ドレスコードについては、店舗によって違いはあるものの、基本的にはジャケット着用で、カジュアル過ぎない服装が好ましいです。
子供の年齢制限がある場合もあるので、行く前にお店に確認を取った方が無難ですね。

オーベルジュ Auberge

オーベルジュは、宿泊施設を兼ね備えたレストランのことを言いますが、あくまで主体はレストランになります。最近ではホテル施設についているレストラン単体をオーベルジュという傾向もあります。

ドレスコードはレストランと同様、基本的にはジャケット着用で、カジュアル過ぎない服装が好ましいです。

グランメゾン grand Maison

グランメゾンは和製フランス語のためフランスでは使われない言葉ですが、最高級のフランス料理店のことを指し、日本では約20件程度しかないとされています。

ミシュラン3つ星クラスのレストランを表す言葉として日本で定着しています。

ドレスコードは、男性はスーツにタイ着用が基本で、女性はワンピース若しくは、ドレッシーなスーツ以上の服装が基本です。子供については年齢制限を設けているところがほとんどですので、小さな子供は連れていけないと考えた方がいいです。

まとめ

カフェ、ブラッスリ-、ビストロについては何も気にせず気軽に行っても全く問題はありません。

レストラン、オーベルジュについてはジャケット着用、最低でも襟付きのシャツを着用していくのが無難です。また、お店のホームページにドレスコードなしと記載してある場合もありますが、お店に入った時に浮いてしまうと、せっかくのおいしい料理もおいしくいただけないので、それなりの格好をしていくのがお薦めです。

グランメゾンに行く際には、ドレスコードは絶対ですので男性の場合はピシッとスーツで決めていきましょう。女性の場合は少し難しいかもしれませんが、ドレスコードについてはよく調べていきましょう。

 

【スポンサードリンク】